ITに関するさまざまなトピックを紹介するサイトです
このコンテンツはお使いのブラウザには対応しておりません。
新しいバージョンのブラウザでアクセスしてください。

[技術メモ] Git


開発作業において、リファレンス代わりにメモ書きとして残しておいたGitに関する内容を、コンテンツとしてまとめました。

リモートリポジトリのブランチ取得

リモートリポジトリから新しいブランチを取得する

まず、フェッチします。
$ git fetch origin
次に、新しいブランチを取得します。
$ git branch {ローカルブランチ名} origin/{リモートブランチ名}
ここでは、リモートリポジトリ名を"origin"としています。

リモートリポジトリのブランチでローカルリポジトリのブランチを上書きする

まず、フェッチします。
$ git fetch origin {リモートブランチ名}
次に、リモートブランチの内容でリセットします。
$ git reset --hard origin/{リモートブランチ名}
ここでは、リモートリポジトリ名を"origin"としています。

ブランチの操作

ローカルブランチ一覧

$ git branch

リモートブランチ一覧

$ git branch -r

ローカル+リモートブランチ一覧

$ git branch -a

ブランチ作成

$ git branch {ブランチ名}

ブランチ切り替え

$ git checkout {ブランチ名}

ブランチ作成と新しいブランチへの切り替えを同時に行う

$ git checkout -b {ブランチ名}

ブランチ削除

$ git branch -D {ブランチ名}

ブランチの説明文表示

$ git config branch.{ブランチ名}.description
ブランチ名に"/"(スラッシュ)が入っていても、そのまま指定します。

一時保管

変更を退避する

$ git stash save

退避状態を一覧表示する

$ git stash list
以下に実行例を示します。
$ git stash list
stash@{0}: On develop: 2回目のstash
stash@{1}: On develop: 1回目のstash
古い退避の番号が増えていき、一番新しい退避が0番になります。

退避した変更内容を復活させる

$ git stash apply stash@{N}
Nは、復活対象の退避番号です。

退避内容をすべて削除する

$ git stash clear

マージ

ブランチのマージ

現在のブランチに他のブランチをマージする。
$ git merge {ブランチ名}
指定したブランチがマージ元、現在のブランチがマージ先になります。

マージ結果のパターン

Already up-to-date
マージ元で何も変更されていない。
FastForward
マージ先で何も変更されていない。
マージ元の変更箇所が、そのままマージ先に反映される。
AutoMerge
2つのブランチで変更があるが、同じファイルの同じ箇所で異なる修正をしておらず、それぞれの変更を統合して自動的にマージすることができた状態。
Conflict
同じファイルの同じ箇所で異なる修正があり、マージが中断された状態。

タグの操作

ローカルタグ一覧

$ git tag

ローカルタグ一覧(注釈付き)

$ git tag -n

リモートタグ一覧

$ git ls-remote --tags

タグ削除

ローカルのタグを削除します。
$ git tag -d {タグ名}
リモートのタグを削除します。
$ git push --delete origin {タグ名}
ここでは、リモートリポジトリ名を"origin"としています。

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。